異国の地ドバイに行った時のこと。

そこで崇拝されていた「月」という存在を表現し、独特の世界観をつくりあげた。