写楽とは江戸時代中期の浮世絵師のこと。

およそ10ヶ月間という短い期間で数多くの作品を世に送り出したのだが、
その後、彼は忽然と姿を消してしまう。

そんな写楽の生き様と短い絵師人生を、疾走感がある踊りで表現した。