自らの羅針盤は自らの手で作りあげる!

そうした想いを込め、旅人のマントを衣装で表現した。

船が岸壁を離れる際に用いられる「よーそろー」という船長の掛け声を
踊りの中に取り入れているのが特徴。